Top 人の幸せを祈る
 

 

やる気を育てる

  

学びの構図(クリック)で図示した通り、

やる気は、具体的学びとテクニックの底辺に位置する基盤でもあります。

「やる気」を欠けば、

家庭においても・学校においても・企業においても・スポーツにおいても

効果は、6〜7割低下すると考えて下さい。

例えば、同じ計算問題を解くにしても、そこに「やる気」があるかないかで、

スピードも成長伸度も大幅に違うということです。

 

「やる気」とは

 

では「やる気」とは何でしょう? 一口で言えば、「エネルギーであり、向かう力」です。

いわゆる「動の状態」、ということです。

つまり、何かが動いていれば、大小程度の差はあっても

そこには「やる気」が成立している、ということです。

先の「学びの構図」中の時間・空間・エネルギー・志向の関係を構造視すると以下の通りです。

 

この構図は「やる気」の説明というよりも万象に適応する法則ですから、

感謝は分子・原子の結合力を強くする(クリックして下さい)

と合わせて、ぜひとも理解して欲しいと思います。

これを理解することで、知のルートが確立しますので、

いわゆる「やる気」を把捉・醸成し、手法を活かしやすくなるのです。

現代では、このシステム構図が理解されていないので、一過性の心理手法に拘泥し

結局、「やる気」を育てるために、自衛隊研修・みそぎ研修など

「アメとむち」的な対処療法・マニュアル主義的対応しか出来ていないのです。

ですから、当然、そこに人生観や生き様とリンクさせられないのです。

生き様とリンクさせられない、地球とリンクさせられないから

当然、囲まれた特殊な領域での手法になり、

自然の法理に違背しますから、

学校も企業も長期的、すり込みの要が発生してしまうのです。

 

このことを理解頂いた上で、具体的手法に進んで頂きたいと思います。

 

 

 

ウィンドウを閉じる  

(SAS総目次 へ

 感想メール