Top 人の幸せを祈る
 

 

顕在意識革命

上図をご覧下さい。私たちの現在の地球生活は、この黄色の部分に相当します。

目で見て、耳で聞いて、肌で感じて・・・・・という世界を基軸に生活が成り立っています。

そして、精神性が高まり、次元が上がると

・時間が早くなる

・粒子は細かくなる

・境界の差がゆるくなる

・心理面では深層部への肉薄、霊的世界との緊密化

という方向に向かいます。これが全体の姿です。

これが実相ですから、時として、一部の人は、肉体のない魂とふれたり、その言葉を聞いたり・・・

というような現象が起こることがあります。

これは未知の分野だけに、それだけで、強くひかれます。

特に、テレビや書籍などでも、前世や背後霊やオーラなど、

そのような霊的なアプローチに触れると「素晴らしい」と一目おきたくもなります。

ただ、ここで大切なことは、

「なぜ、現実として、私たちはより上位の霊的次元が把握できない生命体になっているのか?」

ということです。

例えば、俗に言う「霊」の世界は簡単に私たちとはリンクしないように出来ています。

なぜでしょう? 

本来、人間にはそういう世界が解る能力を有しています。

にもかかわらず、そのような世界とは隔絶された地球次元界が成立しているのです。中には、

「それこそが「人間の堕落」、本来あった霊的能力は、トレーニングにより開発しなければならない」

という人もいます。そこで、

メディテーション・チャクラを開く・マントラによる深部とのコンタクト・右脳トレーニング・遠隔ヒーリング・・

などが生まれ、指導者が導師とかマスターとして珍重されるのです。

しかし、その方向は危険です。

なぜなら、それに係わる人の肝心な「心の向き」が正されることが皆無に等しいからです。

様々なトレーニングを己の幸せや運気向上のみを目的とし、終着点としまいがちになるのです。

 

私たちの生活は、万事に粒子が粗く、そのために境界が明確に成立しています。

私とあなた、日本とアメリカ、夫と妻、父母と子ども・・・とそれぞれが一体化せずに離れています。

これはどういう事かというと、離れているからこそ生まれる現象がある。

ということであり、それは、「エネルギー」と「指向性」です。

 

 

つまり、私たちの地球生命は、あえて分裂と役割分担(分化)を生命現象として、分離し、

そこに「愛情」という事態が発生するように設定されている

                                      (講座内、関連項「フラクタル原理と生命現象」)。

ということなのです。

この事を理解して下さい。この意図をくめば、

日常生活の中で、顕在意識をこそ支えとして生活を正し、

「愛情」に満ちあふれるということこそが天意にかなった生活だという事なのです。

理論・理屈を超えて

「人を愛する、人の幸せを祈る、という心」

これが、まず整ってこそ、

人の命は、次のステージに進めるようになるのです。

来るべき次世代の科学は意識の進化を求めています。しかし、何度も言いますが、それは

異次元にチャネリングしたり、霊とコンタクトしたり、瞑想と称して高貴な世界を垣間見たり・・・

する能力ではありません。「人の幸せを祈る」その力です。個の独善的な能力開発を超えて、

愛する力の常態化こそが現在の人間界に求められているのです。

 

あなたは、深層心理に触れ神秘を実感するかもしれません。

あなたは、深い瞑想により「梵我一如」の世界を実感するかもしれません、

しかし、この現実に舞い戻った時、現実界が、あまりに乖離(かいり)している事に気づかされます。

そこで、また、あなたは、あの見るもかぐわしい世界に赴きたくなるのです。

この繰り返し、反復が常態となると、

その乖離への不自然さが薄れ、鈍感になります。

そして、ついに現実は何も変わらず、高貴な世界を、「心の逃げ場」とするのです。

さらに、それだけは終わりません。学ぶほどに、

その高貴な世界とのコンタクトを強引に現実に結びつけ、商売を始めてしまうのです。

高貴な世界を、時に霊能と称して、商売道具にしてしまう訳です。

そうやって、主客顛倒の道をたどるのです。

よくよく覚めて、この流れを注意して見つめて下さい。

目には見えませんが、そういう想念が異次元から流れ込んでいるのです。

そこを、見抜いて下さい。

 

潜在意識の世界は、どこも共有を旨とし、精妙で素晴らしい世界です。

しかし、我々は「顕在意識」から改革しなければならないのです。

あなたは

見える世界を大切にしなければなりません。

なぜなら、

すでに図示した通り、「エネルギーと指向性」がこの世の条件だからです。

「エネルギーと指向性」これを一言で言えば、「意志」です。

「意志」こそが、心を進化させる、

のです。心が無意識とコンタクトしても、進化はありません。

「意志」なくして、心は次のステージに登れないように出来ているのです。

ですから

難しいことではありません。

「よし、これを成し遂げよう」

と、日々の生活で、目標を立てて進むのです。その意志です。

そういう生活が貴く、燦然と輝くのです。

そして、縁あって出会った多くの人に感謝し、その「人の幸せを祈る」ことです。

「ホンモノ」の生き方は、そこからしか生まれないようになっているのです。

まさに「顕在意識革命」でなければならないのです。

 

ウィンドウを閉じる  ・ SAS目次に戻る 感想メール