Top 人の幸せを祈る
 

 

「祈り」の極意 

安部浩之作品No,080101
                     文・Design kohsi

一切の動植物も鉱物も地球の環境を破壊していません。
ただ、ただ人間のみが、その分をわきまえず、ひたすら地球環境を破壊しているのです。
今こそ、人が人らしくあること、それはどういう事なのかを問う必要があるのです。
天が人間だけに付与した行為として、その頂点に位置するもの、それは「祈り」です。
では、その尊い「祈り」はどうあるべきなのか、まず、下図をご覧下さい。

懺悔と祈り

「懺悔と祈り」を三点構図の上から説明したものです。
全ての祈りの行為は「懺悔」から始まります。これは宗教・宗派を問わず、人の行為を貫通して成立する構図です。例えば、キリスト教では、神の僕(しもべ)としての懺悔、仏教では、宗派を超えて読まれる「懺悔文」という経文があります。中心軸としての人は、必ず、この「懺悔」と「祈り」をセットとして成り立たせなければならないのです。

つまり、神前・仏前にして、罪や汚れをキチンと隠すことなく吐露する。そこで始めてゼロリセットされるのです。この懺悔の場では、一切の隠し事は許されません。神仏への 自分だけの独白です。自分が最も隠したいこと、見て見ぬふりをしてきた過去の行為や考えを、率直に言葉にするのです。

この反省を存分に恥じ入り、そして、それにもまして「命」を頂いている我を「感謝の心」で結ぶのです。
そのステップをへて、ようよう「祈り」の段階に入るのです。
ここで大切なことは、「懺悔」が我が事であったのに対して、「祈り」はあくまでも他者への「幸福」を祈る祈りに徹するということです。
・お金が貯まりますように・・・
・出世しますように・・・・
・宝くじが当たりますように・・・
・合格しますように・・・
というような個人の欲望は、エゴに基づくものであり、これは「祈り」に値(あたい)せず、祈り本来の波長とは一致しません。神仏は時空を超えていますから、あなたの考えているような 個人的な願い事は懺悔の中で先刻承知しているのです。そういう事は言葉にして祈り事にする必要はないのです。神仏の軽視・冒涜に他ならないのです。
あくまでも、「祈り」は他者への「幸せ」を祈るに徹する事です。天が聞き入れる「祈り事」というのは、ここにあるのです。「他者」といっても、最初は、感情移入しやすいように、身近な人・家族でも構いません、しかし必ず最後には、 形だけでも
・世界中の人が幸せに暮らせますように・・・
と、世界の平和に心を注いでください。

可能であれば、毎日、1分でも「祈り」の時間を持つことが好ましいのです。
毎日出来ない。そういう時間は取れないという方がいれば、無理をして時間を割かなくても、上記の祈りの構図を日常生活を通して実践していけばよいのです。
ただ、年末年始やお盆、諸行事など、神仏を前にするような事があれば、ぜひとも懺悔から始まる祈りを実践して頂きたいと思います。

例えば、年末年始について言えば、年末は「懺悔」に徹し、感謝で終えることです。
「年始」は、ただひたすら神前で「他者の平安の為に祈り」、クリエイティブな命を感じるということです。

この手法は確実な自己実現の道を実らせます。

多くの人が開運と称して・・・、多くの人がスピリチュアルを称し・・・・、多くの人が霊を利用し・・・・
多くの人がチャネラーと称し・・・、多くの人がマスターと称し・・・
人のエゴを増長させ、惑わしてきたのです。
人はこの地上に異次元を体験するために生まれてきたのではないのです。サイキックパワーでは、カルマを積む事はあっても、人の因果を正常にすることは絶対に出来ないのです。

祈りにも似た、あなたのその日常生活での気づきや心遣いこそが尊いのです。
ぜひとも、自身の懺悔とともに、誠心で他者の幸せのために祈りを捧げてください。
そういう祈りは、必ず天に通じます。 
家族のために、仕事に悩んでいる友人のために、病院で苦しんでいる知人のために、
・・・・・恵みがありますように、と・・・・

私も、この文を読んでくれた、あなたへ、
       真の安らぎと、大いなる恵みが降り注がれますよう、心からお祈りさせて頂きます。

                                                         合 掌

ウィンドウを閉じる  ・ SAS目次に戻る 感想メール