Top 人の幸せを祈る
 

「天寿吉祥法」とは  

 

 

 ● 基本姿勢

占術にも様々なものがあります。

四柱推命をはじめ、ホロスコープ・易占・姓名判断・ 奇門遁甲・宿曜経・風水・・・などです。

当方では、かねてより、それぞれの発祥に遡り研究を重ねてきました。

 ・ 大半の鑑定手法は、生年月日等からくるデータを基本システムにあてはめ、定盤を作成し

  現実とのズレを見ます。(詳しくは、四柱推命は太陽からくる節気を中心とし、アストロロジーは惑星との配置を軸 とする)

 ・また、姓名判断は姓名を画数に変換して、数の意味と配置を鑑定するもの、

 ・風水のように住居(陽宅)とお墓(陰宅)のバランスを見るもの

など、それぞれ様々です。

全て、基礎データの扱いと手法が違うということです。結果的に

  ・宿曜経は性格や運気を得意とし、

  ・紫薇斗数は心理を得手とし

  ・四柱推命は社会との係わりを得手とします。

という現象が起きます。さらに鑑定師の力量も相まって、ほぼアタルものからほぼハズレルものまで様々です。

しかしながら、占術は100%アタルということはありません。 環境の変化や、人との出合いで凶作用の要素が

作用の要素に瞬時に変わったりするためです。

であるならば、わずかでも当たらない可能性のある占術をもって未来予測し、人を一喜一憂させてなならない、

「現状の傾向性をつかむに留める。」

というのがベストであるし、そうすべきです。

 

当方では、以上の視点にたち

 ● あまたの占術を整合し、長所を抽出する。

      ※ メリットノート・長所プレートとして結実

 ● あまたの占術を整合し、バランス調整される色と形を抽出する。

      ※ バランス調整図形の基礎理論として結実

に徹底して留める。というスタンスで展開し、理論を構築しました。

この「あたまの占術を整合し」の理論がすなわち「天寿吉祥法」と名付けられたものです。

 

●その理論

占術界が目を塞いできた双子の場合、生年月日時間・出生場所をデータとする限り、

そこに差違は生じません。しかし、現実には同じ人生をたどる訳ではありません。

そこで姓名判断など、生年月日以外のデータが必要になります。

 先ほど触れた双子の問題のように、

四柱推命・気学・ホロスコープだけでは、双子の問題が解けず、

姓名判断だけでは同姓同名の問題が解けず、

といった課題が出てきます。

そこで過去、この課題に対し、数々の占術を駆使し、

最大公約数を抽出する手法を多くの学者や占術家が試みました。

しかしながら、どれも定着をみなかったのは、この課題に取り組んだとき、

同様の結果ではなく、相反する結果を生む現象が、多々派生してしまうからです。

例えば、四柱推命では北と出て、奇問遁甲では南と出てしまったりです。

このような事態に、基礎データと技法を整合させパワーバランスを読み取る理法がなければ、

結局、両方を削除なければならなくなるのです。

「天寿吉祥法」は、西洋・東洋の数々の占術を時間・空間・エネルギー性・志向性という4つの視点と

天地自然の生命現象の理を合流し、成立させた唯一の理法です。

この理法は特に、徹底した過去の因果を追求しながらも、「バランス調整」に力点を置いています。

占術とは、人を「平安・安寧」に導く技法であって、

天中殺だ ! 大殺界だ ! といって、やる気を無くした、人生が暗くになった、不安になった、

お墓を買わなければならない、改名しなければならないというものではないのです。

「バランス調整」にこそ、全てのカギであり、これこそ「開運」に相応しいスタンスです。

「天寿吉祥法」の詳しい内容はここでは控えますが、大まかには以上のようにご理解下さい。

 

ウィンドウを閉じる  

(SAS総目次 へ