Top 人の幸せを祈る
 

イメージトレーニングというエゴトレーニング(長所を見極める)

 

 

今、各種の心理療法やイメージトレーニングが盛んです。

例えば、

ある成功プログラムでは、「金儲け」をイメージトレーニングに利用し、

ある密教系宗教団体では、学生が記憶力増強と密教修法を行っています。

また、あるセミナーでは、なりたい自分を紙に書かせ、

人生プランを立てさせ、同じく心理トレーニングを行っています。

 

そこには、人間の欲望が主体でそれを満たすための手法として

当然のように、イメージトレーニングが利用されているのです。

 

では、それらのトレーニングは、天地の理にかなっているのでしょうか?

また、その人の欲望は、そもそも、その人を活かす欲望なのでしょうか?

本当に、人の幸せを約束するもでしょうか?

もしかしたら、それは単なる個人のエゴだけなのかもしれません。

ここを充分見極めて欲しいのです。

でなければ、そのトレーニングは逆に「エゴトレーニング」になってしまうのです。

エゴの増幅は、即効的、破壊的という性質があります。

だから、高額なトレーニング教材を買っても、ほとんど、そのようにならない。

それだけではなく、他項でも触れたとおり、脳は臓器の中でも、唯一、発信機能を有していますから

その想念波動が他へ伝播するということです。ですから、自他ともに破壊的念波を創出してしまうのです。

大切な事は

イメージトレーニング自体が良い悪いではなく、

それを利用する人の「欲望」の問題だという事です。

欲望にも「良い欲望」と「悪い欲望」がある

ということを充分理解して欲しいのです。

簡単に見極めるための特徴を記します。

悪い欲望とは、自己の喜びに徹する・一方向・短期的・破壊的・直線思考・対立的

良い欲望とは、自他の喜びに徹する・双方向・長期的・創造的・循環思考・親和的 

というような特徴があります。ぜひ、1つの判断基準にして欲しいと思います。

 

イメージトレーニングという「祈り」

 

イメージトレーニング自体は、生活の中でも、とても大切な要素です。

世の成功者といわれる人は、実は天性的に、この意識の流れを、自然な姿で創り出しています。

それだけに、皆さんも、日常生活の中で根付かせて欲しいのです。

ですから、最初はやはりトレーニングとしての取り組みが必要であり、そのテクニックがあるという事です。

 

1つには、最初に、より全的・地球的な願いを込める

1つには、それを実現するために、個としての長所を活かす

そのようにイメージする、ということです。

 

例えば、「金があれば、何でも出来る、よしっ!!」 と

いきなり、大金を手にしている自分・高級車に乗り豪遊している自分をイメージする

これはエゴまるだし状態ですから、まず、そうなりません。

仮に念の力でなっても、カルマを残し、スグに崩壊します。

そうではなく、まず、

1,世界で貧困にあえぐ子供達や戦場に思いをはせる、そして痛み、あやまる。

2,みんなが助け合い、笑顔の絶えない世界をイメージし、願いを込める

3,そのために、自分の長所を活かして、

手足となって働きかけが出来ている自分をイメージする

(長所が解らなければ、お導き下さいという祈り事に変える)

このイメージトレーニングであれば、その想念は天の意志と一体化し、

さらに、地球の循環定理に合致し、爆発的な回転力・開運力を生み出します。

この法則に乗っかることです。具体的な祈る姿勢でなくても、そのような発想で生きていく、ということです。

 

しかしながら、人の意志とは弱いもので、義務化しなければ、スグに忘れてしまいます。

不本意にも、我々の生命遺伝情報に惰性の因子が伝承されている為です。

ですから、個々がそれぞれ、仕事のはじめに、学習のはじめに、何かをスタートさせる前に

このイメージトレーニングを深呼吸と共にセットで行う、など決める事です。

そして、もっと具体的に、出来たらカレンダーに○印を付けるなど決めるのです。

どんなに生活がすさんでいようとも、決めるのです。

すると、その時間・瞬間だけでも、非常に微細な時空間を創り出します。

微細な時空間というのは解りづらいかもしれませんが、

ヒントを与えられやすい、ヒントが湧きやすい、循環高速化する・・・

というような状況と考えて下さい。

実はこれは、私が物作り・作業をする時の基本姿勢にもなっているのですが、

この発想があるなしで、出てくる作品のエネルギー値に格段の差が出ます。

 

また、先ほどの3段階の「長所を活かして・・・」ですが

ここの段階においては、漠然とでも構いませんが、

より具体的なほど効果が高く出ます。

特に、1と2の段階をふまえていれば、ここはかなり柔軟に発想して構いません。

長所というのは、意外と把握されていない場合もありますが、

・過去に、高い評価を受けた部分

・取り組むと楽しさを感じる

・取り組むと命の躍動感がある

・取り組むと時間を忘れる

・過去にとても人に喜ばれた

・故しれず、使命感を感じる

そういう面が、大同小異必ずある筈です。そこを、よくよく自省し、見つけ出すのです。

この青字部分を探る行為は、それ単体としても大きな意味があります。

特に、寝床について発想すると絶大な効果があります。

 

以上、いろいろと記しましたが、ポイントは

如何に日常生活に根付かせるか?です。

あなたが、より輝いて生きるためにぜひ試みて下さい。

 

ウィンドウを閉じる  

(SAS総目次 へ

 感想メール